ボトックス注射と副作用> ボトックス注射で若返り > ボトックスと老化がもたらす変化


ボトックスと老化がもたらす変化

ボトックスはしわに対して効果を発揮します

美しくあるために、ボトックスで老化を少しでも予防できたらと願う人は少なくないでしょう。
人間の顔は年齢とともに老化現象を示していきます。
これには人種差、その人の持って生まれた遺伝情報、後天的な紫外線などによるダメージ、栄養状態、精神状態などさまざまな要因が絡んでいます。

ボトックス治療にあたっても、皮膚およびその下部に存在する組織を老化という観点から分析することが重要です。
皮膚、脂肪組織、筋肉、骨格、精神的な部分について、老化とボトックス治療がどのように関係しているかを考える必要があります。

皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織という3層に分かれています。
ボトックス治療と老化を考える時に一番のポイントになるのは紫外線によるダメージです。
黒人などメラニン色素の多い人種ならば、紫外線によるダメージもある程度防げます。
しかしそれ以外の肌では十分な注意が必要です。
肌のタイプの代表的な分類方法にフィッツパトリック方式があります。

フィッツパトリックは有名な皮膚科医です。。
この人の名前を冠した皮膚の分類があり、スキンタイプ(日焼けして黒くなる等)を判定して、レーザーが適するとかトラブルが起こりやすいとかを見極める標準的な分類が可能です。

フィッツパトリック方式の分類は下記の通りです。
タイプ1:アイルランド系の人のように赤毛で皮膚が自く、きわめて紫外線に弱いタイプ
タイプ2:1と3の間
タイプ3:茶髪の白人に多いタイプ
タイプ4:地中海沿岸の人々や色の白い東洋人
タイプ5:4と6の間
タイプ6:黒人


フィッツパトリック方式では、1~5のタイプで十分な注意が必要とされています。
数字が小さいほど紫外線によるダメージを受けやすいと考えられています。

また、最近ではより日本人に使用しやすいJST1、JST2、JST3といった分類を使用します。
JST1型:紫外線敏感型
JST2型:中間型
JST3型:紫外線鈍感型

JST1型は皮膚ガン・角化症などの頻度が高いとの報告もされています。
日本人の場合も、紫外線には十分な注意が必要になってきます。



前の記事: « ボトックスがしわに効く理由
次の記事: ボトックスと紫外線 »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved