ボトックス注射と副作用> ボトックス注射の副作用 > ボトックスの治療の制限事項


ボトックスの治療の制限事項

ボトックスの治療の制限事項

ボトックス注入を行う際に、注意を要する場合があります。
ボトックスは端的に言えば細菌の作用によって、適度な麻痺を起こす治療です。
ですからボトックス治療をする際には関連する疾患や逆の症状に注意する必要があります。
ボトックス治療の際に注意が必要な例としては
・慢性の呼吸器障害
・高齢者(65歳以上)
・神経筋の疾患
・心臓・血管系の疾患
などです。

高齢者は生理機能が衰えているため、ボトックスの注入は少量から開始し状態をみながら慎重に対処します。
ボトックスはアメリカFDAの商人を受けていますが、実は、美容目的でのボトックスの対象年齢を18歳~65歳に限って承認されているのです。


また、ボトックスの副作用によって危険な状態に陥る可能性のある場合は、ボトックスは使用できません。

・ボトックスを注入する部分に感染症を持っている
・ボトックスの成分の中のどれかに過敏に反応する
・ケロイド体質
・他の注入剤が注入部位に残っている
・妊娠している
・妊娠する予定のある
・母乳で子供を育てている
・ALS(筋萎縮性側索硬化症、ルー・ゲーリック病)
・重症筋無力症 ランバート・イートン症候群など
・全身性の神経筋接合部の障害を持っている
・重度の呼吸機能障害を持っている

などです。



前の記事: « ボトックスの安全性
次の記事:
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved