ボトックス注射と副作用> ボトックス注射の副作用 > ボトックスの安全性


ボトックスの安全性


ボトックスに使用されているのはボツリヌス菌です。
ボツリヌス菌は猛毒で非常に危険です。

しかし、医療用につかわれているボトックスはもちろん安全なものです。
ここではあえて安全であると言われているボトックスの危険性をご紹介します。

ボツリヌス菌による食中毒を引き起こすには、ボトックス30000単位以上が必要とされています。
1回のボトックス治療に使用されているボトックスの量は、5-100単位以内です。
ですから、ボトックス治療によって中毒を起こす可能性は極めて少ないといえます。


ボトックス治療による、副作用も実際に発祥することは極めて稀で、他の薬を併用する場合など特殊なケースが報告されています。
ボトックスにはアレルギーもほどんとないと考えられていて、ボトックス治療にあたってのアレルギーテストも通常行われていません。
ボトックスのアレルギーとしては極めて稀に、アナフィラキシーのような症状が現れたという報告があるようです。
アナフィラキシーとはハチの毒や食物、薬物などが原因で起こる、急性アレルギー反応のひとつです。
じんましんや皮膚が赤くなったり、皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあります。

ボトックス治療をする際に、併用すると副作用を高める可能性のある薬があります。
服用中の薬がボトックスと相互作用を起こし、症状が悪化する可能性があるからです。
以下の薬を使用している場合は、必ずその旨を担当医師に伝えましょう。

1 筋弛緩作用を有する感染症の抗生物質等
・塩化ツボクラリン、ダントロレンナトリウムなど
・塩酸スペクチノマイシン
・テトラサイクリン抗生物質
・リンコマイシン系抗生物質
・アミノグリコシド系抗生物質(硫酸ゲンタマイシン、硫酸ネオマイシンなど)
・ポリペプチド系抗生物質(硫酸ポリミキシンBなど)
・抗痙縮剤(バクロフェン)
・抗コリン剤(臭化ブチルスコポラミン、塩酸トリヘキシフェニジルなど)
・ベンゾジアゼピン系薬剤及び類薬(ジアゼパム、エチゾラムなど)
・ベンザミド系薬剤(塩酸チアプリド、スルピリドなど等)

2 キニジンなどの心臓に使用される薬剤

3 ボトックスの作用とは逆の症状に使用される薬剤(重度の筋無力症やアルツハイマー治療薬など)




前の記事: « ボトックスの類似品による副作用
次の記事: ボトックスの治療の制限事項 »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved