ボトックス注射と副作用> ボトックス注射の悩み別治療法 > ボトックスで足を細くする


ボトックスで足を細くする

ボトックスは、ふくらはぎの筋肉を細くするという治療にも用いられています。
ふくらはぎの筋肉は面積が大きいため、治療に用いる量は多くなります。
十分な効果を出すためには大量のボトックスを注射する必要があります。
ボトックスを大量に使用すると全身に問題を起こす場合もあります。
問題とはボトックスの副作用で、風邪をひいたように微熱を出したり、全身に倦怠感を覚えたりするといったことです。
大量のボトックスを使用する場合、若い女性への投与にはとくに慎重であるべきです。
妊娠中にボトックスは使えませんので、足を細くする治療にボトックスを使用する場合には、妊娠初期の可能性がないかを確認する必要があります。

ふくらはぎはダイエットやエクササイズをしてもなかなか細くならず、あきらめてしまいがちな部分です。
ふくらはぎの97%が筋肉という独特な構造をしているために痩せることが難しいのです。
ボトックスでふくらはぎを細くする原理はボトックスをふくらはぎに注入いることにより筋肉をリラックスさせる脚痩せを目論むものです。
ふくらはぎが太い、硬い、メリハリがないなどの悩みにも使われています。

ボトックスのふくさはぎ痩せは筋肉を麻痺させるたんぱく質を脚に注射する方法です。
脚の筋肉を麻痺(萎縮)させることで、一時的に脚の筋肉を使わなくさせ、ごく自然な形でほっそりとした脚を手に入れるものです。
ボトックスの治療自体はふくらはぎにボトックス注射をするだけなので、施術はたった2~3分で終了します。

ボトックスで筋肉を麻痺させるといっても、日常生活に支障はありません。
しかし数日間は、ピンヒールや高めの靴は危険なので控える必要があります。
1ヶ月ほどで効果実感する人が多いのが特徴で、1回の施術で半年から1年ほどもちますが個人差があります。



前の記事: « ボトックスと歯ぎしり
次の記事: ボトックスと頭痛治療 »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved