ボトックス注射と副作用> ボトックス注射の副作用 > ボトックスの副作用


ボトックスの副作用

ボトックスは非常に安全な医薬品です。
副作用が起こるこみとは稀です。
しかしボトックスの副作用が無いわけではない以上、ボトックスの副作用も十分に知っておいたほうがよいでしよう。
ボトックス治療を受けるにはまず健康であることが必要です。
ボトックすにはの禁忌事項がありますが、それにに該当しない場合でも、3カ月以内の頻度でボトックスの再注射をしないこととされています。
これはアメリカFDAの推奨です。
理由はボトックス注射後、ある一定の割合でボトックスに対する抗体が体内に出てくるためです。
抗体が増えてくると、ボトックスを追加に注射しても効きが悪かったり、予測できない副作用が起こる可能性があるとされています。

副作用に関しては、稀ですが、以下のものが報告されています。

・眼瞼下垂: おでこや眉間に治療した場合。
 1パーセント程度の確率で発生。
・左右差、ものが二重に見える:極めて稀。
・頭痛、風邪のような症状で一般に大量に注射した場合にまれに起こる。・あざ:アスピリン、風邪薬、痛み止めなどを服用中に
 ボトックスを使用した場合に発生
・のみこみ困難や発声障害:首周りに大量に使用した場合

ボトックスの副作用はこのような種類がありますが、実際に発生することは稀で、起こったとしても数週間でよくなるものがほとんどです。
もちろんボトックスの副作用は、術者の技量によって起こる頻度が異なりますので、病院・医師の選定に注意が必要です。

ボトックス治療にあたっては、あらかじめ禁忌事項が定められています。
ボトックス治療の禁忌事項に当てはまる場合は、安全性の面からボトックス治療を受けることは避けましょう。



前の記事: « ボトックスの副作用
次の記事: ボトックスの禁忌事項 »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved