ボトックス注射と副作用> ボトックス注射と小顔エラ治療 > ボトックス口まわりを治療する(歯茎を隠す,ヘの字口)


ボトックス口まわりを治療する(歯茎を隠す,ヘの字口)

ボトックスで歯茎を隠す

ガミースマイルは、笑うとすぐに上唇のところに歯茎が見える状態です。
ガミーは、英語で「歯茎の」という意味です。
ガミースマイルの治療は、手術で歯茎を短く切除する方法や、上唇を下に伸ばす方法などがあります。
ボトックスが使われる前は、手術によらないでこれを解決する方法はなかったのです。

現在は、ボトックスの使用によって手術せず改善できます。
唇を上に吊り上げる作用のある筋肉(上唇挙筋や鼻中隔下制筋)に少量のボトックスを注射すれば改善することが可能なのです。

ボトックスで上唇の下降がどれくらい期待できるかは、人によって異なります。
筋肉の状態とボトックスの注射場所・ボトックスの注入量の正確な判断が必要です。
ボトックスの量やボトックスを打つ場所の最終判断は専門医の経験によるのです。
実際のボトックス治療には、ボトックスに熟練した専門医の診断と治療方針が必要です。

への字口を改善するには

への字口を改善するには、ボトックスで口角を上げる治療を行います。
欧米では人前で常時笑顔でいるという習慣があります。
ですから、笑顔で見えるようにボトックスを使用することが日本に比較して多くなります。

日本人は欧米人にくらべて小さい時から人前では笑顔でいるという習慣が少ないでしょう。
アメリカは、笑顔とその時に見える白い歯と歯並びのよさで、その人の育ちや教養レベルまで判断されてしまうというお国柄です。
日本人がある年齢になってからアメリカにわたって役者やモデルになりたいと思っても、口周りの美しさで劣ることがあります。
そういう場合には、ボトックスがかなり有効です。
もちろん全ての人に必ず効果が出るわけではありません。

ボトックス治療のターゲットとなる筋肉は、「口角下制筋」といって、正常で口角を斜め下方へ下げる効果のある筋肉です。
この筋肉に少量のボトックスを注射します。
への字口を意識的に作らせた時に一番緊張状態が見られるところにボトックス注射をします。



前の記事: « ボトックスによる小顔効果
次の記事: ボトックスでえらの治療をするには »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved