ボトックス注射と副作用> ボトックス注射でシワ解消 > ボトックスと豊麗線


ボトックスと豊麗線

豊麗線は、基本的にはボトックス治療は向かないといわれている部分です。
豊麗線(ほうれいせん)は、鼻の横から回の横に向かって斜めに走る線状のくぼみです。
豊麗線は、赤ちゃんの時からあるりますが、年齢とともにだんだんと深くなっていきます。
豊麗線が深くなるのは、その線よりも上の部分の皮膚とか脂肪が重力の重みでだんだんタレてきて、豊麗線のところに脂肪が溜まるからです。
涙の溝と同様に、筋肉が関与たしわではないため、基本的にはボトックスでは治療はできません。
しかし、ボトックスを使った治療方法として唇を上方に持ち上げる筋肉(上唇挙筋)が強く発達している場合には、この筋肉に少量のボトックスを使用して筋肉の緊張を緩める方法があります。
このボトックスを用いた治療法は技術的に難しい方法ですので、経験のある専門医に相談することをお勧めします。
一般的に豊麗線の治療には、外科的な方法がよく用いられます。
脂肪注入は豊麗線よりも上の盛り上がった部分の脂肪吸引を行い、豊麗線のくぼみの部分に身体のほかの部分から採取した脂肪を注射針で注入し、マッサージで豊麗線の周辺の凹凸を少なくする方法です。
手術をしない場合はヒアルロン酸やヒトコラーゲンの注射を行います。
大きな手術ではフェイスリフトがあります。
しかしフェイスリフトだけでは豊麗線は改善されないことも多く、脂肪注入や豊麗線よりも上の部分を引っ張り上げたりする方法などを併用することが必要となります。
アメリカで開発されたRF(ラジオ波)を用いたサーマクールなどは、皮下組織に間接的にエネルギーを与えることによって豊麗線を改善させることができるといわれています。



前の記事: « ボトックスと涙のしわ
次の記事: ボトックスとマリオネット線 »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved