ボトックス注射と副作用> ボトックス注射でシワ解消 > ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ


ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ

下瞼(まぶた)のしわに関してはボトックスで治るものと、ボトックスでは治らないものがあります。
下まぶたのしわには2種類あります。
ひとつは全体に起こる細かいメッシュ状のしわで、「ちりめんじわ」と呼ばれるものです。
ちりめんじわは皮膚自身の老化や紫外線によるもので、ボトックスでは治りません。
もうひとつは下まぶたの外側にできるしわで、目尻のしわが下のほうにできたものです。
このしわには、ボトックスが使えます。
ただし、しわが「からすの足跡」に近いものならば高い効果があり「からすの足跡」がちりめんじわ下方にできたしわにはボトックスが使えます。
ただし、しわが「からすの足跡」に近いものならば高い効果がありますが、まぶたの真下にあるしわに対しては効きにくくなります。
ボトックス治療にするか、外科的な方法(手術)を用いるかは、その人の状態によります。
たとえば下まぶたが垂れ気味になっている場合は、ボトックス治療より、あまった皮膚を切り取ったほうがよい場合もあります。
また、下まぶたに段差ができるほど皮膚がたるんでいる例では、手術をしてから、その後に残ったちりめんじわに対してボトックス治療を行うことになります。
口周囲のしわボトックスは口の周りのしわにも効果があります。
特に上唇の上にできる縦じわは、白人や皮膚の薄い人、あるいは入れ歯を使用している人に顕著に現れます。
根治的な治療は難しいですが、ボトックスとその他のいろいろな方法を併用することによって、改善することができます。
ボトックスには縦じわを浅くする効果があります。
ボトックス治療の対象となる筋肉は、顔面神経の支配下にある口輪筋です。
ボトックスを打ちすぎると口の動きや発声に影響が出ますので、注意が必要です。
表層の筋肉だけを狙ってボトックス注射をします。
ボトックスと同時に、レチンAという薬を用いてピーリングを行ったり、さらにボトックスとヒトコラーゲンやヒアルロン酸で、萎縮している唇周辺の組織のポリュームを増すことで、状態がよくなります。
男性には、ひげがある為、歯のない人を除いては口周囲のしわができません。
ひげの根元が皮膚の中で柱の様な役割をして皮膚の強度を増し、皮膚が萎縮しにくくなるため、しわができないのです。



前の記事: « ボトックスと目尻のしわ
次の記事: ボトックスと首のしわ »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved