ボトックス注射と副作用> ボトックス注射と多汗症 > ボトックス注射と多汗症


ボトックス注射と多汗症

ボトックス注射は多汗症にも効果があると言われています。

多汗症の気になる汗ジミやニオイの原因となるワキの下の汗は、皮膚の下に無数にある汗腺に、汗を出せという命令が神経を通して伝えられ、分泌されます。
ボトックスを注入すると、この命令の伝達が弱められ汗の量が減るため、結果的に多汗症のにおいも軽減されます。

多汗症の元はアポクリン汗腺から分泌される汗は主成分が脂質・鉄分などで黄色くにおいの強い汗です。
アポクリン汗腺は、わきの下やへそのまわりなど特定の部分に多く分布しています。

多汗症は、アポクリン汗腺とエックリン汗腺の割合が通常よりもアポクリン汗腺に傾いているために、においが強く感じられるものです。
さらに、この汗が、空気中の細菌などに触れ変質することで多汗症の強いにおいになってしまいます。

ボトックスをわきの下に注射すると、汗の分泌をコントロールしている神経の働きをブロックして、エックリン汗腺とアポクリン汗腺の両方の働きを抑えることができます。
ボトックスの多汗症に対する効果は個人差がありますが、4~10ヶ月程度持続します。
夏が近づいてからボトックス注射を受けると、ひと夏は多汗症に気をとられずにすごすことが出来ます。



前の記事:
次の記事: ボトックスと多汗症 »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved