ボトックス注射と副作用> ボトックス注射とは > ボトックス注射とは


ボトックス注射とは

ボトックス注射は一般的なしわ治療として美容クリニックで行われています。

ボトックス注射の成分は食中毒の原因菌で知られるボツリヌス菌毒素から抽出したもので、しわが気になる部分にボトックスを注射するというしわ治療です。

ボトックス注射で注入されるボツリヌス菌毒素には筋肉の動きを抑制する効果があり、目じりの笑いしわ・眉間のしわ・額の横しわ等「表情しわ」の原因となる「表情筋の動き・緊張」を抑制することで、しわの改善を図ります。

ボトックス注射は全てのしわに有効なわけではなくその効果は、顔の「表情筋の影響」によってできる表情しわに限られます。

表情しわ以外のしわを改善するためには、ヒアルロン酸を注入するなどして肌の中から押し上げる必要があります。
美容整形外科におけるボトックス治療相談の際には、ヒアルロン酸注入治療を一緒に勧められる事が多くなっています。

ボトックス注射はとは、ボツリヌス菌由来の神経毒素複合体のうちから、A型という血清型毒素だけを精製して取り出した製剤を使った注射で、筋肉(表情筋)を弛緩させ、しわを作れなくする治療です。
ボトックス注入によって、筋肉の収縮時に産生される神経伝達物質アセチルコリンという物質の放出を止め、筋肉の動きを抑制します。
つまりしわを作る動きそのものを止めるため、しわ治療に非常に有効なのです。
ボトックス注射は後4ヶ月以上たつと、新たにアセチルコリンの放出が始まるため、基本的に4ヶ月から6ヶ月に1度、ボトックス注入を続けることが必要となります。
ボトックス注射は一般的に、2度目以降は初回よりも効果が持続します。

ボトックスは2002年に、アメリカの食品医薬品局で、しわ治療薬として正式に認可されました。
ボトックスとは1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認された人体に無害なタンパク質の一種です。
しわを目立たなくしたり、新しいしわをできにくくする最先端医学で、アメリカはもとよりヨーロッパでも広く使われている治療薬です。
ボトックス注射は美容外科業界でも手術なしに簡単・安全にしわの無い顔にできるフェイスリフトの1つとして話題を呼んでいます。



前の記事:
次の記事: ボトックスのしくみ »
HOME: ボトックス注射と副作用

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved