ボトックス注射と副作用 > ボトックス注射でシワ解消

ボトックス注射でシワ解消

ボトックス注射とボトックスで治療できるしわについて解説します。

ボトックスで治す額(おでこ)のしわ

額(おでこ)のしわはにボトックス注射が使われます。
額(おでこ)のしわは、顔面神経が支配する前頭筋という筋肉の収縮によって起こります。
この筋肉は、おでこの下側から頭の上のほうまでつながっていて、収縮させるしぐさを頻繁にしていると、普段の状態でも深いおでこのしわができてしまいます。

これはわかりやすく言うと眉毛を上に上げた時の表情をした時などにできるしわです。
驚いたときなどにこのような表情をするのではないでしょうか。

この額(おでこ)のしわに対する治療方法はボトックス以外にもさまざまな治療方法がありますが、アメリカでは、左右の瞳孔(ひとみ)からおでこに延ばした線の内側だけに、ボトックス注射をするのがもっとも代表的な治療法です。
さらに広範囲にボトックス注射することもあります。
このボトックスを使った治療法では、1回のボトックス注射で4~5カ月の効果があります。
アメリカや韓国の大統領もボトックス注射を打っていた話は有名です。
ボトックス注射はポピュラーな治療法のひとつになっていてるといえるでしょう。

ボトックス治療を行うことで、ほぼ完全に額全体の横じわが取れます。
また、瞳孔(ひとみ)からおでこに延ばした線の内側だけに、ボトックス注射をするボトックス治療では、眉毛の外側3分の1が上方へ約15度程度の角度で上がります。

アメリカや日本では、外側が少し角度をつけて上がっているのが美しい眉毛とされています。
ですからこの場所にボトックス注射をする方法が好まれているのです。
もちろん、どのような眉毛が好まれているかは、国によって異なります。
中国や韓国などでは平行型の眉毛も好まれていて、ボトックス治療の方法も異なり、瞳孔の外側までボトックス注射をする必要があります。

左右の瞳孔の内側だけではなく額全体に広くボトックス注射を場合は、ボトックスを実施する前ら十分な理解(インフォームドコンセント)が必要です。
ボトックス注射の副作用として、おでこ全体が重く下垂したり、ひどくなると、まぶたが下垂して目が開けにくくなったりするケースがあるためです。
広範囲にわたって額にボトックスを注射した人の数パーセントにこうしたボトックスの副作用が見られるという報告があります。
ボトックスではこのような副作用が出た場合でも、2~3週間で改善します。
ボトックスと特殊な目薬を併用した場合に症状がよくなることが多い様ですので注意が必要です。

前述した左右の瞳孔の内側だけをボトックス治療する場合は、この副作用が出ることは非常にまれです。
ボトックスが主流となる以前は、額じわの治療として、おでこの上のほう(髪の毛の中)の頭皮を切っておでこの皮をはぎ、その下の筋肉を切り刻む「ブラウリフト」という大がかりな方法も行われていましたが、現在では、この治療はあまり行われていません。

ボトックスと眉間のしわ

眉間のしわには、ボトックスが一番効果的です。
難しい表情をすると眉間に縦にできるしわは、跛眉筋という眉毛の内側から鼻の付け根に走る筋肉が収縮することによって起こります。
この筋肉も顔面神経の支配を受け、意識的に動く筋肉です。
眉間のしわは人によって1~5本くらいできる事が多いでしょう。

眉間のしわをボトックスで治療する場合、額に打つ量よりもかなり少量で効果が期待できます。

最近のボトックス治療では、できるだけ少ない量を広範囲に使って治療するようになっています。

眉間のしわは予防が大切です。
あまり長い間放っておくと深い溝となってしまい、ボトックスも効きにくくなります。
その場合は、ヒトコラーゲンや脂肪を注入したりする追加処置などをボトックスと組み合わせて治療します。

眉間のしわには、ボトックスが一番効果的であるのは、額のしわと同様、レーザーやクリームではよくならないからです。
眉毛の中や上まぶたから切開して筋肉をもぎ取ってくる外科的方法もありますが、手術後何年かすると筋肉がまた再生してくることが多いという問題点があります。

また、眉間のしわに関してはアメリカFDAがボトックスの治療を美容治療目的で行うことを認めています。
余談ですが、ボトックスを級眉筋に打つことで、頑固な頭痛が改善することも知られています。

ボトックスと目尻のしわ

目尻のしわにもボトックスで素晴らしい治療効果が期待できます。
目で笑う時によくできる目尻のしわを、「からすの足跡」などといったりします。

目尻のしわも、顔面神経の支配下にあり、眼輪筋という筋肉が作用するためにできるしわです。
目尻のしわは放っておくと、くっきりした溝のようになります。

目尻のしわは、多くなると4~5本以上できる人もいます。
目尻のしわに対しても、ごく少量のボトックスで素晴らしい治療効果が期待できます。
ボトックスが美容目的で使われ始める何年も前から、眼輪筋はボトックス治療の対象になっていました。
眼輪筋がぴくぴくと不随意に収縮する病気の治療に対して認可されていたのです。

美容目的であれ、目尻のしわにボトックスを使用すると、いろいろな効果が期待できます。
目尻のしわだけにボトックス注射を打てば、目尻のしわをなくすボトックス治療となります。
さらにボトックス中止やを広範囲に打つことで、眉毛を上げたり眉毛の形を変化させたりすることもできるのです。
これは眼輪筋が、日の周囲を円周状に取り囲んでいるためです。
それゆえにボトックス注射は間違った打ち方をすると、とんでもない結果が出てしまうことがあるので、注意が必要です。

目尻のしわに対する、ボトックス以外の治療方法としては、外科的にその部分の筋肉を切除する方法も過去に発表されていますが、この手術はフェイスリフトなどに合わせて行われます。
大きな傷が残ってしまうためです。
また、先に述べましたがレーザーやクリームではボトックスのような効果は期待できません。

ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ

下瞼(まぶた)のしわに関してはボトックスで治るものと、ボトックスでは治らないものがあります。
下まぶたのしわには2種類あります。
ひとつは全体に起こる細かいメッシュ状のしわで、「ちりめんじわ」と呼ばれるものです。
ちりめんじわは皮膚自身の老化や紫外線によるもので、ボトックスでは治りません。
もうひとつは下まぶたの外側にできるしわで、目尻のしわが下のほうにできたものです。
このしわには、ボトックスが使えます。
ただし、しわが「からすの足跡」に近いものならば高い効果があり「からすの足跡」がちりめんじわ下方にできたしわにはボトックスが使えます。
ただし、しわが「からすの足跡」に近いものならば高い効果がありますが、まぶたの真下にあるしわに対しては効きにくくなります。
ボトックス治療にするか、外科的な方法(手術)を用いるかは、その人の状態によります。
たとえば下まぶたが垂れ気味になっている場合は、ボトックス治療より、あまった皮膚を切り取ったほうがよい場合もあります。
また、下まぶたに段差ができるほど皮膚がたるんでいる例では、手術をしてから、その後に残ったちりめんじわに対してボトックス治療を行うことになります。
口周囲のしわボトックスは口の周りのしわにも効果があります。
特に上唇の上にできる縦じわは、白人や皮膚の薄い人、あるいは入れ歯を使用している人に顕著に現れます。
根治的な治療は難しいですが、ボトックスとその他のいろいろな方法を併用することによって、改善することができます。
ボトックスには縦じわを浅くする効果があります。
ボトックス治療の対象となる筋肉は、顔面神経の支配下にある口輪筋です。
ボトックスを打ちすぎると口の動きや発声に影響が出ますので、注意が必要です。
表層の筋肉だけを狙ってボトックス注射をします。
ボトックスと同時に、レチンAという薬を用いてピーリングを行ったり、さらにボトックスとヒトコラーゲンやヒアルロン酸で、萎縮している唇周辺の組織のポリュームを増すことで、状態がよくなります。
男性には、ひげがある為、歯のない人を除いては口周囲のしわができません。
ひげの根元が皮膚の中で柱の様な役割をして皮膚の強度を増し、皮膚が萎縮しにくくなるため、しわができないのです。

ボトックスと首のしわ

ボトックスが効果を示す首のしわは限られています。

しかし、ボトックスが効かないわけではなく、首元にできる小じわ等々さまざまな表情じわに効果を発揮します。
毒性のないA型ボツリヌストキシン=ボトックスを細い針の注射器で、しわの筋肉に少量注射。注射を打たれた部分の筋肉を緩和させることで周りの筋肉がかばうように引っ張りあい結果、しわが伸びるのです。

全体にたるみがなく、2筋だけが強く出ている場合、ボトックスが効果を示します。
筋は広頸筋の緊張状態が強く出るため、ボトックスで緩めればよいのです。
首のしわの中でも首の中央に、縦に走る長いしわがあります。
指でさわっても簡単にわかるほどの大きなしわです。
首の縦しわがある場合、首全体の皮膚が垂れ下がっていることもあります。
これは広頸筋の筋と呼ばれるもので、フェイスリフトの際に切除されます。
広頸筋の筋が首の皮膚自体のたるみと同時にある場合には、フェイスリフトとともに切除したほうがよい場合があります。
首の皮膚には他に、横じわがあります。
これは日本人にも頻繁に現れますが、ボトックス治療が効かないしわです。
筋肉が作用してできたしわにはボトックスが効果的ですが、それ以外のしわに対しては、ボトックスの効果はありません。

首のしわは多くの女性が抱える美容上の悩みです。個々によって差はあるものの、加齢とともに肌にたるみやしわができやすくなるのは避けることができません。
しわの中で女性がいちばん気にしているのは「首」のしわなのだそうです。

この首のしわ、原因は意外なところにあります。

首のしわのもとは「たるみ」です。そのたるみは、頭皮を含め、顔全体の筋肉が上から下へと下がったもの。そして最終的に首へとたどり着いたたるみは、首にしわを作ったり、首を太くしてしまいます。ですから、顔にたるみができなければ、首にもしわができることはありません。「女性の年齢はその人の『首』を見ればわかる」といわれる所以はここにあるのです。


首のしわ(横じわ)
首の縦じわや、横に走る細いしわは、ボトックスでの治療ができません。
スキンケアでも治療が困難です。
フェイスリフトを行えば、同時に首の皮も引っ張られますので、ある程度改善されます。

ボトックスで顔の印象を変えることができます。
ボトックスで眉をきりっとさせるのはブラウリフトと言われます。
「ブラウ」は英語で眉毛、「リフト」は上げることです。
おでこや眉毛が下がり気味な場合に、その部分を吊り上げる方法のことを指します。

額のしわのボトックス治療でもボトックスの使用範囲を変えることで応用できるように、ボトックスは単なるしわ取りだけの治療にとどまらず、その応用範囲は広がっています。

ボットクスを額へ注射する時の調整によって、眉毛の外側を3分の1ほど上に持ち上げることができます。
ボトックスが使われていない頃はブラウリフトは手術で眉毛を上げていました。
今はボトックスを用いてごく簡単にできるようになり、たるみも取れて顔の印象も大きくかわります。

中年以上の女性では、多くの方がこの眉毛の外側から徐々にまぶたのたるみが進行します。
このような場合にボトックスはとても重要で効果的な治療法です。

ボトックスの量を誤ると眉毛は上がりすぎると怒ったような感じになったり、外側までボトックスを打ちすぎると眉毛全体が下垂してしまいます。

実際のボトックス治療には、ボトックスに熟練した専門医の診断と治療方針が必要です。

ボトックスで治療する場合は、額の内側(瞳孔と瞳孔を結ぶ線の内側)だけにボトックスを打つ方法がありますが、額全体のしわの状態や皮膚の厚みによって、ボトックス打ち方は異なります。
ボトックスの量やボトックスを打つ場所の最終判断は専門医の経験によるのです。

ボトックスと涙のしわ

涙のしわ(溝)は下まぶたの下方に内側から外側にかけて斜めに走る溝のようなくぼみです。
涙のしわは、筋肉が関与しているわけではないため、ボトックスでは治すことができません。
ボトックスだけでなく、レーザーやスキンケアでも、改善させることができない難しいしわです。
涙のしわは若い時にはあまり現れずも深いしわがあることはあまりありません。
しかし、若くても急に体重が減少した場合などに浅い線が現れることがあります。
涙のしわの原因は2つあります。
1.下まぶたの薄い皮膚とその下方のほほ上部の厚い皮膚との間に一種のひずみが起こり、そこに線ができる場合。
下まぶたの皮膚は非常に薄いので、人によってその下にある眼輪筋の茶色い色が一皮膚を通して見えることがあります。
目の下に若い時から隈(くま)があると思っている人に多く見られます。
2.ある程度年齢になると、もともとその線あるいは溝のところにあった脂肪が年齢とともに重力の影響で下方へ下垂するために涙のしわができる場合。
眼球の入っている眼下という骨の下縁も関係しています。
涙のしわの状態がひどくなると、豊麗線よりも上の部分が盛り上がってきます。
これは下垂しようとしている脂肪が、豊麗線よりも下方へは移動できないので、そこでせき止められるためです。
豊麗線は体の構造的に決まっている境界線なので、それよりも下方へは脂肪は動きません。
従って、涙のしわの治療を行う場合、溝に注入物を入れて、へこんだ溝を元に戻す方法を取ります。
注入物にはヒトコラーゲン、ヒアルロン酸などを注射します。
また、脂肪を追加する場合もあります。
自分の脂肪を小豊麗線の上のふくらみから注射器で採取して必要なところへ移植し、指でマッサージしながら形を整えていく方法です。
そのほか、「ハムラの手術」というより大がかりな方法もあります。
これはアメリカの形成外科医ハムラ博士が開発した方法です。
下まぶたをまつ毛の生え際から切開してその中の脂肪に切り込みを入れて、これが涙の溝の部分にくるように脂肪を折り曲げ、移動します。
アメリカや韓国では盛んに行われている方法ですが、日本ではあまり盛んでありません。

ボトックスと豊麗線

豊麗線は、基本的にはボトックス治療は向かないといわれている部分です。
豊麗線(ほうれいせん)は、鼻の横から回の横に向かって斜めに走る線状のくぼみです。
豊麗線は、赤ちゃんの時からあるりますが、年齢とともにだんだんと深くなっていきます。
豊麗線が深くなるのは、その線よりも上の部分の皮膚とか脂肪が重力の重みでだんだんタレてきて、豊麗線のところに脂肪が溜まるからです。
涙の溝と同様に、筋肉が関与たしわではないため、基本的にはボトックスでは治療はできません。
しかし、ボトックスを使った治療方法として唇を上方に持ち上げる筋肉(上唇挙筋)が強く発達している場合には、この筋肉に少量のボトックスを使用して筋肉の緊張を緩める方法があります。
このボトックスを用いた治療法は技術的に難しい方法ですので、経験のある専門医に相談することをお勧めします。
一般的に豊麗線の治療には、外科的な方法がよく用いられます。
脂肪注入は豊麗線よりも上の盛り上がった部分の脂肪吸引を行い、豊麗線のくぼみの部分に身体のほかの部分から採取した脂肪を注射針で注入し、マッサージで豊麗線の周辺の凹凸を少なくする方法です。
手術をしない場合はヒアルロン酸やヒトコラーゲンの注射を行います。
大きな手術ではフェイスリフトがあります。
しかしフェイスリフトだけでは豊麗線は改善されないことも多く、脂肪注入や豊麗線よりも上の部分を引っ張り上げたりする方法などを併用することが必要となります。
アメリカで開発されたRF(ラジオ波)を用いたサーマクールなどは、皮下組織に間接的にエネルギーを与えることによって豊麗線を改善させることができるといわれています。

ボトックスとマリオネット線

マリオネット線はボトックスでは改善が難しいしわです。
マリオネット人形のように、口の角から下方に向けてある斜めの線です。
この部分に対しては、豊麗線と同様に、くぼみにコラーゲンなどの注射物を入れる方法や、脂肪注入(くぼみに自分の脂肪を注入する)が適しています。
外科的な手術としては、フェイスリフトを行えばある程度の改善が期待できます。
女性の顔は年齢とともに大きく変化する部分です。
マリオネット線が目立つようになること以外にも、あごの組織の萎縮が目立つようになったり、表面に細かい凸凹ができてみかんの表面のようになります。

これらは、あご周辺の脂肪の萎縮が起こるからだと考えられます。
豊麗線と同じ様理由で、脂肪の萎縮だけでなく、それより周りの組織が下垂し、構造的にそれ以上垂れない部分てせき止められるために、その線がしわになって見えるのです。

男性の場合は、あごの萎縮は目立ちにく、その理由は唇の上の縦じわが男性に起こりにくいのと同様、ひげがあるために組織に強度ができるからです。

マリオネット線はボトックス、レーザー、スキンケアでは改善されないしわです。

ちりめんじわ
ちりめんじわは、下まぶたのところにできる微細な縦横の小じわです。
ボトックスは、ちりめんじわの治療には使えません。
日本人の場合、皮膚の薄い目の下などにできやすいしわで、白人などでは顔全体に目立つ人もいます。
ちりめんじわの原因は、皮膚自体の老化現象です。
起こってからでは完全に治すのが難しく、マリオネット線やみかんの表面のような細かい凸凹ができる改善が困難なしわのひとつです。
予防が肝心です。
ボトックスは、こうした小じわの治療には使えません。
レーザーやスキンケア、ピーリングが効果を発揮するしわです。
皮膚の老化を予防させるビタミンCの内服や、そうしたスキンローション、それにサンブロックを早くから積極的に使用していた方はこうした問題が起こりにくいと思います。
最近では、アメリカで考案された植物の成長ホルモンである「カイネレース」というクリームやCoQ10(コエンザイムQ10)も使われているようです。

ボトックスとマリオネット線

マリオネット線はボトックスでは改善が難しいしわです。
マリオネット人形のように、口の角から下方に向けてある斜めの線です。
この部分に対しては、豊麗線と同様に、くぼみにコラーゲンなどの注射物を入れる方法や、脂肪注入(くぼみに自分の脂肪を注入する)が適しています。
外科的な手術としては、フェイスリフトを行えばある程度の改善が期待できます。
女性の顔は年齢とともに大きく変化する部分です。
マリオネット線が目立つようになること以外にも、あごの組織の萎縮が目立つようになったり、表面に細かい凸凹ができてみかんの表面のようになります。

これらは、あご周辺の脂肪の萎縮が起こるからだと考えられます。
豊麗線と同じ様理由で、脂肪の萎縮だけでなく、それより周りの組織が下垂し、構造的にそれ以上垂れない部分てせき止められるために、その線がしわになって見えるのです。

男性の場合は、あごの萎縮は目立ちにく、その理由は唇の上の縦じわが男性に起こりにくいのと同様、ひげがあるために組織に強度ができるからです。

マリオネット線はボトックス、レーザー、スキンケアでは改善されないしわです。

ちりめんじわ
ちりめんじわは、下まぶたのところにできる微細な縦横の小じわです。
ボトックスは、ちりめんじわの治療には使えません。
日本人の場合、皮膚の薄い目の下などにできやすいしわで、白人などでは顔全体に目立つ人もいます。
ちりめんじわの原因は、皮膚自体の老化現象です。
起こってからでは完全に治すのが難しく、マリオネット線やみかんの表面のような細かい凸凹ができる改善が困難なしわのひとつです。
予防が肝心です。
ボトックスは、こうした小じわの治療には使えません。
レーザーやスキンケア、ピーリングが効果を発揮するしわです。
皮膚の老化を予防させるビタミンCの内服や、そうしたスキンローション、それにサンブロックを早くから積極的に使用していた方はこうした問題が起こりにくいと思います。
最近では、アメリカで考案された植物の成長ホルモンである「カイネレース」というクリームやCoQ10(コエンザイムQ10)も使われているようです。

ボトックス注射と副作用項目一覧

ボトックス注射とは
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
ボトックス注射と小顔エラ治療
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
ボトックス注射と多汗症
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
ボトックス注射で若返り
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
ボトックス注射でシワ解消
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
ボトックス注射の悩み別治療法
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
ボトックス注射の副作用
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
リンク・関連記事
ボトックスで治す額(おでこ)のしわ
ボトックスと眉間のしわ
ボトックスと目尻のしわ
ボトックスと下瞼(まぶた)のしわ
ボトックスと首のしわ
ボトックスと涙のしわ
ボトックスと豊麗線
ボトックスとマリオネット線
ボトックスとマリオネット線
  ....詳細
 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved