ボトックス注射と副作用 > ボトックス注射で若返り

ボトックス注射で若返り

ボトックス注射は若返りできる方法として注目されています。ボトックス注射で老化予防とシワについて解説します。

ボトックスと老化と原因

老化がもたらす変化とは
ボトックスはしわに対して効果を発揮します

美しくあるために、ボトックスで老化を少しでも予防できたらと願う人は少なくないでしょう。
人間の顔は年齢とともに老化現象を示していきます。
これには人種差、その人の持って生まれた遺伝情報、後天的な紫外線などによるダメージ、栄養状態、精神状態などさまざまな要因が絡んでいます。

ボトックス治療にあたっても、皮膚およびその下部に存在する組織を老化という観点から分析することが重要です。
皮膚、脂肪組織、筋肉、骨格、精神的な部分について、老化とボトックス治療がどのように関係しているかを考える必要があります。

皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織という3層に分かれています。
ボトックス治療と老化を考える時に一番のポイントになるのは紫外線によるダメージです。
黒人などメラニン色素の多い人種ならば、紫外線によるダメージもある程度防げます。
しかしそれ以外の肌では十分な注意が必要です。
肌のタイプの代表的な分類方法にフィッツパトリック方式があります。

フィッツパトリックは有名な皮膚科医です。。
この人の名前を冠した皮膚の分類があり、スキンタイプ(日焼けして黒くなる等)を判定して、レーザーが適するとかトラブルが起こりやすいとかを見極める標準的な分類が可能です。

フィッツパトリック方式の分類は下記の通りです。
タイプ1:アイルランド系の人のように赤毛で皮膚が自く、きわめて紫外線に弱いタイプ
タイプ2:1と3の間
タイプ3:茶髪の白人に多いタイプ
タイプ4:地中海沿岸の人々や色の白い東洋人
タイプ5:4と6の間
タイプ6:黒人


フィッツパトリック方式では、1~5のタイプで十分な注意が必要とされています。
数字が小さいほど紫外線によるダメージを受けやすいと考えられています。

また、最近ではより日本人に使用しやすいJST1、JST2、JST3といった分類を使用します。
JST1型:紫外線敏感型
JST2型:中間型
JST3型:紫外線鈍感型

JST1型は皮膚ガン・角化症などの頻度が高いとの報告もされています。
日本人の場合も、紫外線には十分な注意が必要になってきます。

紫外線は肌にどのようなダメージを与えるのでしょうか。

紫外線があたると表皮を通過して真皮(網状層)へ到達すると、コラーゲンや弾性線維もダメージを受けます。
皮膚内の細胞間の線維束はコラーゲンでできており、これが縦横に張り巡らされていることで、皮膚が丈夫なものになっています。

紫外線のダメージを受けた場合、この線維束の結合が弱まり、正常な細胞の配列が乱れます。
またコラーゲンは直線状の配列だけでなく、隣の線維とも横のつながりがあります。
コラーゲンの縦横の配列が失われていきます。

紫外線のダメージとしては、直接的にはたとえばDNAの損傷なども起こり得るのですが、見逃してはならないのは、それによつて引き起こされるフリーラジカル(活性酸素など)による組織内のタンパク質などの損傷です。
これらの損傷が引き金となり、紫外線のダメージを受けた皮膚はしみやしわができやすく、老化が進みます。


皮膚の老化を遅らせるもっとも効果的な方法は紫外線を避けること、サンブロツク(日焼け止め製品)の使用などです。
予防的な治療としてはビタミンCの摂取や皮膚への塗布が効果的です。
ビタミンCは皮膚の酸化を防止しますので、紫外線からのダメージをある程度予防することができます。

紫外線以外の老化の原因として、皮膚自体の老化、たとえば表皮の一番下の層である基底層の細胞分裂が遅くなることもあげられます。


赤ちゃんの時は新陳代謝が活発でこの細胞分裂も盛んなのですが、年齢とともに遅くなり、だんだん上のほうに硬い細胞(角質)がたまるようになってきます。
これをある程度元に戻してくれるのが、アメリカで処方されるレチンAやカイネレースというクリームです。

CoQ10(コエンザイムQ10)には、細胞の代謝や働きに必要なエネルギーを作り出したり、活性酸素を防ぎ細胞の酸化を防いだりする働きがありますので、皮膚を若返らせる効果があるといえるでしょう。


皮膚の老化は皮膚全体のたるみもあります。

地球の重力で、年々どうしてもその影響が皮膚全体に出ます。
細胞や組織レベルでの皮膚の老化の結果が「ちりめんじわ」であるなら、重力の影響によるものは「たるみ」です。
これを修正する方法としては、フェイスリフトや、最近では皮膚や皮下組織を引き締めることのできるRF波療法(サーマクールなど)があります。

脂肪脂肪は顔の老化において大変重要な役割をしています。
アメリカの形成外科医でも脂肪による老化説が唱えられています。

以前は人間の顔の老化は皮膚によるものが中心だと考えられていましたので、フェイスリフトが行われていました。
しかし、フェイスリフトを行っても、皮膚の老化が改善されない部分があることが問題になってきました。

東洋人で皮膚の厚い人は、豊麗線(鼻から口にかけて斜めにできるしわ)が、フェイスリフト後も改善されません。
部分的な脂肪吸引と脂肪注入を合わせた治療をすることにより、豊麗線をかなり改善することができます。

上まぶたのくぼみや、日の下の斜めに走るくぼみのラインにも、これはあてはまります。
これもやはり脂肪の下垂で起こります。

マリオネット線と呼ばれるものもあります。
これは、日の横からあごのほうへ斜めに走るくぼみで、同様に脂肪がたまったり、減少したりというメカニズムで起こります。

あごも年齢とともに全体的に縮んで小さくなってきます。
それが進行すると、あごがまるで夏みかんの皮のようにでこぼことしてきます。

ほほの内側から外側にかけてくぼんで、ほほがこけた状態になる場合があります。
これもその部位の脂肪が萎縮してしまったために起こるものです。

日本人の顔の老化は、多くが皮膚の下垂だけでなく脂肪の下垂も主な原因だと考えられています。

ボトックスがしわに効く理由

ボトックスは顔の筋肉の老化が原因のしわに対して効果を発揮します。

顔の老化現象の原因の1つとして、顔の筋肉が老化するというものがあります。

顔には皮下の表面を広く覆っている「SMAS」という筋膜が皮下脂肪のすぐ下にあります。
これが年齢とともに下垂し、あるいは緩んだりして老化現象を引き起こしているのが、顔の老化の主な要因の1つと考えられています。

従って、SMASを手術で縮めたり、吊り上げたりする方法が行われています。
これはボトックスではなく、フルフェイスリフトと言う方法です。


白人や日本人でも皮膚が薄く、とくに顔の下半分から首にかけての下垂の激しい人には、このフルフェイスリフトを行う場合があります。
ただ、現在多くの方には、部分的な形成術のほうがよいとされています。
つまり、ボトックスです。

多くの日本人の老化は、脂肪層の下垂を伴っていることが多く、筋肉の老化だけでは説明できないことが多いからです。

SMAS以外の老化現象の原因として考えられる筋肉は、おでこの筋肉(前頭筋)、日の周りの筋肉(眼輪筋)、眉間の筋肉(級眉筋)などです。
これらの筋肉は長年収縮をくり返すことによりその表面に存在する皮膚に深いしわができてきます。
こうしたしわに対してボトックスが効果を発揮します。


成人後、顔の骨格は、年齢とともに変化することはあまりないと考えられています。
多少は変化しますが、骨格を覆っている筋肉、脂肪、皮膚にまでには大きな影響がありません。

例外は歯茎の周りの骨格で、変化が現れやすく、若い頃から虫歯などで多くの歯を失った場合は、年を取ってからその周囲の骨格が萎縮しやすいことが知られています。

並びが悪い、あるいは歯のインプラントを入れたほうがきれいという理由で、簡単に歯を抜くことは形成外科的には避けたほうが良いのです。
噛む筋肉が張り出すほど発達している人や歯ぎしりが激しい人などでは「えら」の骨が、より張った感じになります。

顔の老化を語るうえで、精神状態は重要な要素のひとつです。
精神状態があまりにも思わしくない場合、最悪の場合はボトックス治療を断られるケースもあります。

精神状態がどうして顔の老化と関係するのでしょうか。

自分自身に自信を持って生きている人は生き生きとした感じがやはり顔にも表れてきます。
その逆の場合もあります。
形成外科の中の美容外科分野では、容姿の面で少しでも改善し、その結果、自分自身に精神的に自信を持てるようにするというのが治療の目的です。
美容外科が精神科の一部だといわれるのも、心療内科や精神科のセカンドオピニオンを勧められることもあります。

精神状態は表情と深くかかわっているのです。
ですからボトックス治療だけをしても効果が上がるとは限らないのです。


ボトックスと老化がもたらす変化

ボトックスはしわに対して効果を発揮します

美しくあるために、ボトックスで老化を少しでも予防できたらと願う人は少なくないでしょう。
人間の顔は年齢とともに老化現象を示していきます。
これには人種差、その人の持って生まれた遺伝情報、後天的な紫外線などによるダメージ、栄養状態、精神状態などさまざまな要因が絡んでいます。

ボトックス治療にあたっても、皮膚およびその下部に存在する組織を老化という観点から分析することが重要です。
皮膚、脂肪組織、筋肉、骨格、精神的な部分について、老化とボトックス治療がどのように関係しているかを考える必要があります。

皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織という3層に分かれています。
ボトックス治療と老化を考える時に一番のポイントになるのは紫外線によるダメージです。
黒人などメラニン色素の多い人種ならば、紫外線によるダメージもある程度防げます。
しかしそれ以外の肌では十分な注意が必要です。
肌のタイプの代表的な分類方法にフィッツパトリック方式があります。

フィッツパトリックは有名な皮膚科医です。。
この人の名前を冠した皮膚の分類があり、スキンタイプ(日焼けして黒くなる等)を判定して、レーザーが適するとかトラブルが起こりやすいとかを見極める標準的な分類が可能です。

フィッツパトリック方式の分類は下記の通りです。
タイプ1:アイルランド系の人のように赤毛で皮膚が自く、きわめて紫外線に弱いタイプ
タイプ2:1と3の間
タイプ3:茶髪の白人に多いタイプ
タイプ4:地中海沿岸の人々や色の白い東洋人
タイプ5:4と6の間
タイプ6:黒人


フィッツパトリック方式では、1~5のタイプで十分な注意が必要とされています。
数字が小さいほど紫外線によるダメージを受けやすいと考えられています。

また、最近ではより日本人に使用しやすいJST1、JST2、JST3といった分類を使用します。
JST1型:紫外線敏感型
JST2型:中間型
JST3型:紫外線鈍感型

JST1型は皮膚ガン・角化症などの頻度が高いとの報告もされています。
日本人の場合も、紫外線には十分な注意が必要になってきます。

ボトックスと紫外線


紫外線は肌にどのようなダメージを与えるのでしょうか。

紫外線があたると表皮を通過して真皮(網状層)へ到達すると、コラーゲンや弾性線維もダメージを受けます。
皮膚内の細胞間の線維束はコラーゲンでできており、これが縦横に張り巡らされていることで、皮膚が丈夫なものになっています。

紫外線のダメージを受けた場合、この線維束の結合が弱まり、正常な細胞の配列が乱れます。
またコラーゲンは直線状の配列だけでなく、隣の線維とも横のつながりがあります。
コラーゲンの縦横の配列が失われていきます。

紫外線のダメージとしては、直接的にはたとえばDNAの損傷なども起こり得るのですが、見逃してはならないのは、それによつて引き起こされるフリーラジカル(活性酸素など)による組織内のタンパク質などの損傷です。
これらの損傷が引き金となり、紫外線のダメージを受けた皮膚はしみやしわができやすく、老化が進みます。


皮膚の老化を遅らせるもっとも効果的な方法は紫外線を避けること、サンブロツク(日焼け止め製品)の使用などです。
予防的な治療としてはビタミンCの摂取や皮膚への塗布が効果的です。
ビタミンCは皮膚の酸化を防止しますので、紫外線からのダメージをある程度予防することができます。

紫外線以外の老化の原因として、皮膚自体の老化、たとえば表皮の一番下の層である基底層の細胞分裂が遅くなることもあげられます。


赤ちゃんの時は新陳代謝が活発でこの細胞分裂も盛んなのですが、年齢とともに遅くなり、だんだん上のほうに硬い細胞(角質)がたまるようになってきます。
これをある程度元に戻してくれるのが、アメリカで処方されるレチンAやカイネレースというクリームです。

CoQ10(コエンザイムQ10)には、細胞の代謝や働きに必要なエネルギーを作り出したり、活性酸素を防ぎ細胞の酸化を防いだりする働きがありますので、皮膚を若返らせる効果があるといえるでしょう。


皮膚の老化は皮膚全体のたるみもあります。

地球の重力で、年々どうしてもその影響が皮膚全体に出ます。
細胞や組織レベルでの皮膚の老化の結果が「ちりめんじわ」であるなら、重力の影響によるものは「たるみ」です。
これを修正する方法としては、フェイスリフトや、最近では皮膚や皮下組織を引き締めることのできるRF波療法(サーマクールなど)があります。

脂肪脂肪は顔の老化において大変重要な役割をしています。
アメリカの形成外科医でも脂肪による老化説が唱えられています。

以前は人間の顔の老化は皮膚によるものが中心だと考えられていましたので、フェイスリフトが行われていました。
しかし、フェイスリフトを行っても、皮膚の老化が改善されない部分があることが問題になってきました。

東洋人で皮膚の厚い人は、豊麗線(鼻から口にかけて斜めにできるしわ)が、フェイスリフト後も改善されません。
部分的な脂肪吸引と脂肪注入を合わせた治療をすることにより、豊麗線をかなり改善することができます。

上まぶたのくぼみや、日の下の斜めに走るくぼみのラインにも、これはあてはまります。
これもやはり脂肪の下垂で起こります。

マリオネット線と呼ばれるものもあります。
これは、日の横からあごのほうへ斜めに走るくぼみで、同様に脂肪がたまったり、減少したりというメカニズムで起こります。

あごも年齢とともに全体的に縮んで小さくなってきます。
それが進行すると、あごがまるで夏みかんの皮のようにでこぼことしてきます。

ほほの内側から外側にかけてくぼんで、ほほがこけた状態になる場合があります。
これもその部位の脂肪が萎縮してしまったために起こるものです。

日本人の顔の老化は、多くが皮膚の下垂だけでなく脂肪の下垂も主な原因だと考えられています。

ボトックス注射と副作用項目一覧

ボトックス注射とは
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
ボトックス注射と小顔エラ治療
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
ボトックス注射と多汗症
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
ボトックス注射で若返り
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
ボトックス注射でシワ解消
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
ボトックス注射の悩み別治療法
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
ボトックス注射の副作用
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
リンク・関連記事
ボトックスと老化と原因
ボトックスがしわに効く理由
ボトックスと老化がもたらす変化
ボトックスと紫外線
  ....詳細
 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ボトックス注射と副作用. All rights reserved